電子タバコと加熱式タバコの違いは?電子タバコの健康への影響は?

電子タバコと加熱式タバコの違いは?電子タバコの健康への影響は?


加熱式タバコとの違いを知っておく

タバコにはいろいろな種類があり、一般的な紙巻タバコの他にパイプや葉巻なども知られています。これらに共通なのはタバコの葉に火をつけて燃焼し、その煙を吸って楽しむところでしょう。最近タバコと言われる別の仕組みの物がいくつか出てきていますが、よく似ているために勘違いしている人もいるようです。電子タバコと加熱式タバコがあり、共通するのは電気で加熱して水蒸気を発生させそれを吸う点でしょう。電子タバコはリキッドと呼ばれる液体を加熱し、こちらにはニコチンは入っていません。加熱式タバコの原料は紙巻タバコと同じタバコの葉でニコチンが含まれています。タバコに近いのは加熱式タバコで、電子タバコは禁煙をしようとする人には物足りないかもしれません。

電子タバコの健康への影響は不明とされている

タバコが健康に悪影響を及ぼす事実は、現在の医学においては確定事項になるでしょう。ニコチンの他燃焼時に発生する多くの有害物質が体に悪影響を及ぼすとされていて、タバコの箱自体にも吸い過ぎに注意する旨の言葉が入れられています。一方電子タバコは日本で売られているものならニコチンは含まれておらず、水蒸気を吸うだけなので有害物質も発生していないとされています。その点だけを見ると健康への悪影響はなさそうですが、実際の健康への影響に関しては今のところまだ不明な点が多いようです。登場してからまだ間もない嗜好品である点、種類が多く規制も曖昧なので電子タバコすべてが健康に良い悪いと言えない点等があるためでしょう。それを知った上で利用する必要がありそうです。

vapeとは電子タバコのことです。水蒸気を吸って楽しむものですが、その煙にはニコチンやタールが含まれていないのが特徴です。