メガネ選びで重要なのは自分の顔型と使用用途

メガネ選びで重要なのは自分の顔型と使用用途


自分の顔型を知ることでメガネ選びが簡単になる

メガネを選ぶ際の基準として最初に重要となるのは、自分はどんな顔の形なのかを知ることです。フレーム選びにおいて重要な要素となり、顔の形によってフレームの形も異なってきます。顔の形は、面長と逆三角形、四角顔に丸顔といった4つに分類されます。自分が該当する形以外のフレームを選ぶことで、自分に似合うメガネ選びが可能となります。

顔の縦幅が長いといった、面長の顔をしている人の場合、天地幅のあるフレームを選ぶと顔のバランスが良くなります。シャープですっきりとした顔立ちの、逆三角形の顔をしている人は、小さめのフレームをかけると柔らかい印象を与えます。横長の楕円形を採用している「オーバル」フレームは、凛々しい顔立ちである、四角顔の人におすすめです。顔の縦横に対する長さの比率が小さい丸顔の人は、角のあるフレームを選ぶと、メリハリのある印象を与えます。

使用用途によるメガネ選び

視力の低下などが発生してしまい、普段の生活において文字などを見やすくすることが、メガネをかける最大の目的となります。メガネ販売店に行くと視力測定を必ず行い、その結果、視力矯正に必要な度数を含めたレンズが作られます。その際に重要なのは、どのようなシーンにおいても、見えやすいレンズ選びです。例えば、普段からパソコンなどを操作していることが多いといった場合、近くのものが見えるレンズを選ぶことになります。しかし日常生活において、遠くのものを見る機会は必ず存在します。

こうした場合は、遠近両用のレンズを選ぶことがベストな選択肢となります。このように、日常生活において快適に生活するためには、レンズ選びが極めて重要な要素と言えます。

仕事や遊びなど、状況に応じてメガネを変えてみましょう。気分も変わり新しい自分を発見できるかもしれません。